プレゼント

今時の雛人形|ライフスタイルに合わせられる

住宅に合わせたサイズ

おひな様

小ぶりが人気

女の子が生まれると初節句には雛人形を準備する家庭も多いです。しかしながら、近年の住宅事情によって大きな7段飾りや5段飾りは好まれなくなってきました。特にマンションやアパートなどには飾る場所がない場合や収納にも困るケースが増加傾向です。このため最近では小さ目の雛人形が人気を集めています。平飾りなどのタイプや5段飾りでも小さなガラスケースに入っているものなどが人気です。また、雛人形が着用している衣装も従来の和柄ばかりでなく、キラキラしたラメが入っているものや洋花の柄などの着物を着用したものも好まれています。大きさはもちろんのこと、雛人形の顔立ちや着用している着物まで、一昔前に比べると大きく変化がでているのです。

子供を守ってくれるお守り

雛人形は子供を災いから守ってくれるお守りとしての由来があります。また縁起ものであるためできれば飾る日などにはこだわって見るとよいでしょう。地域によっても多少のずれはありますが、一般的には節分のころが過ぎたあたりに飾るとよいとされています。主に立春を過ぎた大安や友引などに飾る人が多い傾向です。また雨水の日である2月19日または20日に飾る家も多いようです。雨水の日は初春を迎えたことを意味し雪の季節から雨の季節に変わる時期とされ、縁起のよい季節の変わり目とされています。このため、この日に合わせて飾っても縁起が良いとされます。反対に2月3日前に飾るのはあまり縁起が良くないとされるため、注意が必要です。このように飾る日も意識して飾ることで節句の重みを感じることができます。

保管や質考える

ひなまつり

雛人形を購入するときには、家のスペースや掃除頻度を考慮して購入する商品を選ぶと良いです。スペースがなくても、変わったものを選ぶと印象に残りますし、親王飾りだけでも質にこだわれば、次の世代まで使用することも可能になります。

詳細へ

入学祝いの選び方

小学生

ランドセルは、使われている素材によって価格が同じモデルのものであってもそれぞれ違うことがあります。男の子用のランドセルを選ぶ際は、品質を重視して長く使えるシンプルで無難なものを選ぶと良いと言われています。

詳細へ